オリンピック2016、男子4×100mリレー日本速いぞ! ホントに

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

bet365 男子4×100mリレー オッズ

4×100mリレーは、ジャマイカとアメリカの2強になっております。
オッズを見れば第3候補のフランスと第2候補のアメリカの間にも壁がありそうです。
まして、日本は第11候補という優勝には程遠い位置にいます。

ジャマイカ(第1候補)

名前 100m記録
ニッケル・アシュミード 9.9秒
ヨハン・ブレーク 9.69秒
ウサイン・ボルト 9.58秒
ジェボーン・ミンジー 10.02秒
アサファ・パウエル 9.72秒
ケマー・ベイリー=コール 9.92秒
平均 9.805秒

アメリカ(第2候補)

名前 100m記録
マービン・ブレーシー 9.93秒
トレイボン・ブロメル 9.84秒
クリスチャン・コールマン 9.95秒
ジャスティン・ガトリン 9.74秒
タイソン・ゲイ 9.69秒
マイク・ロジャース 9.85秒
平均 9.83秒

フランス(第3候補)

名前 100m記録
ギー=エルフェージュ・アヌーマン 10.32秒
ステュアート・デュタンビー 10.12秒
クリストフ・ルメートル 9.92秒
マルヴィン・ルネ 10.24秒
ジミー・ヴィコ 9.86秒
ミカエルメバ・ゼゼ 10.21秒
平均 10.11秒

日本(第11候補)

名前 100m記録
ケンブリッジ飛鳥 10.1秒
山縣亮太 10.06秒
桐生祥秀 10.01秒
飯塚翔太 10.22秒
高瀬慧 10.09秒
藤光謙司 10.14秒
平均 10.10秒

各国の平均タイムは
ジャマイカ9.805秒、アメリカ9.83秒、フランス10.11秒、日本10.10秒となっております。
日本と優勝候補とのオッズ差は0.3秒です。
第3候補のフランスよりも日本の方が速いんです。
2015年の世界リレーではベストメンバーでは無かったにも関わらず銅メダルを獲得しております。

日本代表、金メダルは厳しいかもしれませんが、
射程圏内にはいます。

bet365でベットする。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*